ダイエット中の食事で炭水化物はNG?脂肪燃焼の鍵は油とコーヒー?

ダイエット

最近体型が気になる・・・

このままではブタになってしまう・・・

好きなあの人に振り向いてもらえないまま三十路に・・・

痩せなきゃと思っていてもついついつまみ食いをしてしまう。

私は三度の飯より好きなものはないというくらいのご飯好き。

ご飯を食べながら痩せられる方法があればいいのに・・・。

そんな風にお悩みの貴女。

こちらのダイエット方法を試してみてはいかがでしょうか。

 

スポンサードリンク

ダイエット中の食事で炭水化物は禁物?

炭水化物抜きダイエットってありますよね。

確かに理にかなっている方法だと思います。

結局ダイエットって摂取カロリーより
消費カロリーの方が大きければ必ず痩せますから。

 

でも・・・ご飯が食べられないという理由で
途中で挫折してしまっては元も子もありません。

ダイエットは続けることが大事。

続けるためにはやっぱりご飯が必要です。

どうぞご飯を食べて下さい。

 

ただし!

熱々のご飯は控えたほうが良さそうです。

炭水化物は消化されやすく、そのためインスリンがたくさん分泌されます。

このインスリン、糖分を脂肪に変えてしまうんですよ(>_<)

 

それを軽減するために、熱々ご飯を一旦冷やすことが必要なのです。

ご飯を冷やすことによってレジスタントスターチという物質がたくさん生成されます。

レジスタントスターチはとても消化されにくいデンプンで、
食物繊維のような働きをしてくれる成分です。

最近テレビなんかでも注目されていますね。

 

とまぁ、難しい話は置いといて、
要は冷たい炭水化物は太りにくいので、
どうしてもご飯が食べたくなったら一旦冷蔵庫で冷やしましょうというお話です。

ちなみに常温でもOKです~(^^)

 

 

ダイエット中の食事で摂り入れたい燃焼させる油

ダイエット中、ただ食事の質を変えるだけだと思うように体重が減らないものです。

体重を減らすためにはやっぱり脂肪を燃焼させないと!

かと言って運動・・・したくないですよね?

 

そんなあなたにオススメなのが
亜麻仁油+野菜ジュースです。

亜麻仁油はオメガ3系と呼ばれる成分が含まれています。

オメガ3系と言うと、青魚なんかに含まれているDHAやEPAなどが有名でしょうか。

特にEPAが重要な役割を果たすのですが・・・この辺は別記事にて。

スポンサードリンク

 

亜麻仁油の実際の摂取の仕方ですが、
野菜ジュースに小さじ2~3杯入れるだけでOKです。

 

ワォ、簡単!

 

オメガ3系の吸収には補酵素としてビタミンが必要なので、
この組み合わせがとても良いんです。

 

飲むタイミングは朝がベスト。

これから活動を始めるぞ~というタイミングで飲むのがいいんです。

そうすれば特に運動らしい運動をしなくても良し!

脂肪が燃えやすい身体になっているので、
普段通りの生活を送ってもいつもより燃焼されるはずです。

 

注意点は亜麻仁油を入れ過ぎないこと。

一応油なのでカロリーが心配ですからね。。。

 

 

風呂に入る前にコーヒーと飲むとダイエット効果が高まる?

楽して脂肪を燃焼させるネタが続きます。

もう見出しで答えを出しちゃってますが、
お風呂に入る前にコーヒーを飲むとダイエット効果が高まります。

以上。

 

・・・と終わってしまうのも何なので、もうちょっと解説してみます。

 

聞いたことあるかもしれませんが、
コーヒーも脂肪を燃焼させる効果があるみたいなんですよね。

例えば、体重60kgの人が30分お風呂に浸かると
12km走ったことになるらしいのですが、
入浴前にコーヒーを飲むと更に効果が高まるとか。

 

あと、グレープフルーツの皮を湯船に入れるのもいいらしいです。

香り成分が交感神経を活発化させて脂肪の燃焼を助けるんですね。

これはとても楽ちんなダイエット方法です。

どうでしょう?やれそうな気がしてきませんか?

 

 

まとめ

辛く厳しいダイエットに挫折するのは当たり前です。

人間だもの。

そんな中、より効率的に痩せられる方法を先人たちは日々研究してくださっています。

今回紹介した方法も科学的な効果が認められていますから、
ごはん大好きで運動嫌いな人はぜひ取り組んでみてはいかがでしょうか。

 

まとめますと、

・ごはんを食べたい時は冷やす

・朝に野菜ジュース+亜麻仁油を飲む

・夜の入浴時にはコーヒーを飲んでグレープフルーツの皮を入れる

 

我慢や疲れる要素が見当たりませんね\(^o^)/

出来そうなところから取り入れていってみてはいかがでしょ~。

 

ダイエットの成功をお祈りしております(^人^)

スポンサードリンク

コメント

タイトルとURLをコピーしました