しもべえ【ドラマのあらすじと感想まとめ】

2022年冬ドラマ

しもべえはU-NEXT内のNHKオンデマンドで見ることができます。

しもべえ【第6話】のあらすじと感想 届けたお菓子に仕掛けた物は何でしょう。

まず、このドラマのあらすじは2日前、高校生の辰馬の父の和馬の濡れ衣を晴らすため、辰馬の同級生のユリナはしもべえに大学病院の潜入調査を頼みました。

2日後、川島は部下の沢村に教授に推薦することを言いました。

また、和馬の暴露記事が沢村の娘の和泉によって出されました。

それに対して、ユリナは和泉に和馬の医療ミスの潔白の証明を頼みました。

 

一方、和馬は大学時代の先輩に就職の斡旋を頼みましたが、川島によって、圧力がかかって、駄目になりました。

スポンサーリンク

和泉もユリナも沢村に頼みに行きますが、拒否され、ユリナは大学病院の潜入に失敗したしもべえと、和馬や沢村の昔のバイト先で二人が仲が良かったことを知ります。

それを使って、再度、沢村に頼みに行き、しもべえも川島の部屋に盗撮カメラをつけ、川島が和馬に医療ミスをなすりつけたと言ったことを川島の講演会場のスクリーンに写して、暴露します。

 

和馬はその報酬で診療所を開くことが出来ました。

また、和泉も辰馬に嫌がらせしたことを謝り、辰馬も好きでもないのに付き合ったことを謝ります。

 

次にこのドラマの感想はしもべえが川島の悪事を旨く暴露したところが痛快でよかったです。

また、和馬と沢村の友情も回復できて良かったです。

ただ、しもべえが大学病院のパソコンを見る時に手が震えていたのが気になりました。

また、しもべえが最後に訪れた患者は誰だったのかも気になりました。

 

 

スポンサーリンク

コメント

タイトルとURLをコピーしました