真夜中にハロー!【ドラマのあらすじと感想まとめ】

スポンサーリンク

真夜中にハロー!はdTVで見ることができます。

スポンサーリンク

真夜中にハロー!【第10話(最終話)】のあらすじと感想 ミサキの旅立ちとマリコの新しい扉!

ミサキはお客さんがスッキリした顔で帰るのを羨ましいと思っていたようで置いてけぼり感を持っていたのは寂しい気分になりました。

自分の行き先を探したくなったと家を出る決意をしたのは大人になったようで夢がありますね。

マリコも羽ばたこうとして若い。

二人して微笑み合って幸せですね。

 

ミサキが引っ越しの準備をしていると木刀を持っていけとは笑えます

父親がいなくなって買った物らしいのは切ないですね。

マリコは引越し先を探していても何とか止めさせようとして往生際が悪いです。

ミサキの引越し先に対抗心を燃やして掃除をしているのは笑えます。

 

マリコ一人でゲストハウスをやるのは心配だけど何とかなりそうな気もしますね。

ミサキの友達の凪がやって来たので練習を始めたけどダメダメで予想通りでした。

凪も予定があるのに突き合わせたミサキが怖かったです。

マリコが落ち込んだので凪がドライブに連れて行ってくれたのは優しい。

夕日を見ながら海でマリコが扉を開けた時の事を話してくれたのはちょっと感動しました。

ハローを詰め込んだプレイヤーは家族の絆とは心が温かくなりました。

でもミサキは何かあった時でも家に来ないでとは冷たい。

大きな海を見て感動していたのに凪が振られたと泣き付いて来たのは可愛そうだけど楽しそうでした。

 

ミサキが出発した日、マリコの前に扉が現れて気づくと学校の体育館でモーニング娘。'22が勢揃いとは豪華でした、レッドカーペットを通りながら一人一人から言葉を貰って歌をプレゼントしてもらってマリコもちょっと歌ったのは嬉しかったです。

凪の前にも扉が現れたけど案内はミサキがして皆と乗り越えようとハローが現れたので第2期があると期待しています。

コメント

タイトルとURLをコピーしました